子どもの教育と万が一の時に資金の準備

超低金利の今の時代ですが、銀行などの金融機関でお金を増やすことが非常に難しく、金庫や財布代わりに使っているというのが現状です。
それで少しでも有利な投資先として、学資保険や終身保険など保険商品で少しでも増やそうという考え方が生まれました。
それで多くの人たちが利用するので、金利を低く設定するところも出ています。
しかし、将来の教育費を準備するという積立ということでは、金利は低くなっても、有効な使い方はできます。
必要な時まで、強制的に積み立てることで、必要なお金の準備ができますし、親に万が一のことがあっても、教育費を確保できるシステムを利用できます。
能力があっても、お金がなくて能力を発揮できないというは子供にとっても親にとっても残念な結果になります。
お金がないと教育が受けられないという社会もそうかという疑問も浮かびますが、システム自体がそうなっているので、その中でうまく生きていくしかありません。
その点からも資金面の準備は非常に重要です。