子供が持っている感性を育む教育の仕方

子供が持っている感性を育む事によって美しい物を美しいと感じ、自己表現が出来るように育てる事が出来ます。
光や水、土や空気など自然派全てが先生でありたくさんの事を教えてくれます。
見て聞いて触れてかいで味わってと、子供たちが色々な事を感じ取れるような自然との触れ合いによって感性を育む事が出来ます。
幼児期の子供たちは現実の世界と物語の世界を行き来する力を持っているので、たくさんの良質な絵本に触れる事で子供たちの感性を育む事が可能です。
保育園や幼稚園で先生が絵本を読んだり、家庭で両親が絵本を読む事によって子供が頭の中で様々なイメージをする事が出来ます。
子供には初めて見る物や初めて聞く事など分からない事が多くありますが、全て感性を育むために大切な学習になります。
大人との会話の中で子供が分からないと思って説明しないようになってしまうと、子供が考える事が出来ずに感性を働かせる事が出来なくなってしまうので積極的に子供に多くの事を教えていく必要があります。